Author Archive: cafehomma

記念ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」群馬県立歴史博物館 1/14(日)

子どもだった昭和の時代。

思い出の写真や再現模型を味わいながら、

時代と家族の歴史に分け入ります

自分史のきっかけになる1ページに取り組みます。

171204DSC01371

写真は企画展で展示される1/12サイズのジオラマ模型

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

記念ワークショップ 1/14(日)
「写真と模型で味わう家族の情景」

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。参加無料です。
(027-346-5522)

【日程】

  • 2018年1月14日(日)
  • 講演&質疑応答:14:00-15:30

【内容】

  • 思い出の「家族の写真」をご持参ください。
  • 昭和の日々を表現した一枚の写真や模型を味わいながら、自らの記憶の中から家族の情景を引き出します。

【講師】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のワークショップ実績の紹介

2017/10/11,16 ”模型で味わう「家族の情景」”

171016DSC00621

(いずれも、東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

群馬県での活動  自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 学習ホール
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 のご案内

上記のワークショップに加えて、本間浩一が記念セミナーの講師もつとめます。

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2017年12月23日(土) 14時ー15時半 定員144名

セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」

top94

クリックすると、展覧会のちらしのPDFが開きます。

記念セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」群馬県立歴史博物館 12/23(土)

子ども時代。

写真や道具に埋め込まれた、家族の歴史。

その時代の記憶から浮かび上がる思い出の味わい。

その意味に分け入っていきましょう。

家族の絆の再発見を、未来の家族の道しるべに。

171204DSC01361

写真は企画展で展示される1/12サイズのジオラマ模型

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

記念セミナー 12/23(土)
「昭和の家族の情景から絆を再発見する」
ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。参加無料です。
(027-346-5522)

【日程】

  • 2017年12月23日(土)
  • 講演&質疑応答:14:00-15:30

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 視聴覚室
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

【内容】

  • 講師自身の家系図づくり、懐かしい写真の整理、思い出の場所の再訪体験を披露します。
  • 体験の中で再発見した家族の絆の紹介を通じて、昭和の「家族の情景」を味わい方を提案します。
  • 企画展で展示されている道具の歴史を、時代背景と個人の体験の二つの視点から考えます。スバル360や、ミシン等の家財道具を事例にする予定です。
  • 親子であっても生じる世代間コミュニケーションに落とし穴。老若男女がお互いのヒストリーに敬意と理解を示す方法を考えます。

【講師】

171015DSC00523-200間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のセミナー実績の紹介

2017/10/12 「家族の風景」と対話する楽しみ

2017/10/15 家族の歴史をたどる旅の魅力

(いずれも、東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

inまえばしチラシ群馬県での活動

自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

  • 家系図を作りたいと思っている人
  • 自分史を作りたいがなかなか手につかない人
  • NHKの「ファミリーヒストリー」を楽しみにしている人
  • 昭和の情景の写真や映像で心が動かされる人
  • 親のこと、祖先のことを知りたいと思っている人

そんな方々に実物体験できる展示と体験講座を行います。
古い写真や日記、手紙、そしてかすかな記憶。断片に過ぎなかった資料の整理やルーツの地への旅を通して、あなたの歴史と家族の物語が明らかになっていきます。
焦らずに、まずは一枚を書き始めることで記憶の風景が広がっていきます。


 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 でのその他の活動のご案内

上記の講演に加えて、本間浩一がワークショップの講師もつとめます。

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2018年1月14日(日) 14時ー15時半 定員16名

ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」

思い出の「家族の写真」を、一枚ご持参ください。
昭和の時代に子どもだった40代以上の方々のご参加を想定した内容です。

top94

クリックすると、展覧会のちらしのPDFが開きます。

自分史活用アドバイザー認定講座【東京・渋谷】12/1(金)開催

171201a2認定講座_広告用

■「自分史活用アドバイザー」 認定講座受講のお勧めポイント

2030年には日本の平均寿命は90才を超える見込み。還暦で引退して老後を迎えるという時代は終わり、第2、第3、そして場合によっては第4ぐらいまで人生が続くことになります。

自分史活用アドバイザーの仕事・活動は、成熟時代のに生きる皆さんが過去に学び未来に生かすためのお手伝いです。そして、個人のヒストリーだけでなく、「ファミリーヒストリー」や「社史」にも広がっていきます。

特に40代、50代の皆さんへ。

出版・ライティング、映像、キャリアカウンセリング、保険、士業、冠婚葬祭、IT、終活、介護等の様々な専門分野の本業に自分史活用アドバイザーのネットワークをプラスオンしてください。第2、第3の人生の備えとお考えいただくこともできます。そして、さまざまな分野、業種のアドバイザーがチームを組んで、イベントや地域での活動をパワーアップさせています。全国各地で毎年開催している 自分史フェスティバル は、その代表的なものです。

「自分史」は、生活と仕事の様々なシーンで活用できます。
本講座は、自分史をつくりたい方、出版したい方、活用される方をサポートする「自分史活用アドバイザー」を養成・認定する講座です。お仕事の一環として、またボランティアの活動で、自分史をテーマにしたセミナーや講座を開催したり、自分史を作成、活用するためのアドバイスをしたりすることをご検討の皆様にご参加いただきたいと思います。

自分史の魅力、つくり方、表現法、活用法について、一通りの知識、ノウハウを身に付けることを主眼とします。

(さらに…)

第5回(最終回)のテーマは「夫婦」でした。(7/30まで掲示)

第5回(最終回)のテーマは「夫婦」でした。

今回も講師から様々な視点が提示されました。

●パーソナルスペース(安心できる人と人との距離)
・公衆距離は3.5m。
・夫婦の距離は0cm。運命や心情を共有。ごまかしはきかない。

●”嫁”の文字の分解
・墓に向かって祈っている女性。
・祖先に忠誠を誓い、自らも骨を埋める決断と祈り。

●離婚の原因
・考え方の違い 結婚神話(結婚したら幸せになる?)
・性格の不一致、価値観の違い   相手を変えようとすることから始まること

●夫婦愛
・愛は創造
・パートナーシップ、リーダーシップ、フォロワーシップ

●原家族の構造
・統合的構造
・対立的構造  未完了
・運命、命の運び   成長の糧と考えて感謝
・家系に見る人生脚本

●2つの格位
・リーダー格
・フォロワー格

●どの家にも脚本がある
・無意識の領域。通常は解読できない。
・家族には復元力がある。
・読み取り方  家族編/個人編

●脚本を書き換え、ともに乗り越えていく
———-
◆『3世代「家族図」から家系のパターンを読み解く 実践講座』が終了しました。
5か月間5回にわたって開催した本企画は、皆様のお役に立てたでしょうか。
自分史カフェでは今後も様々な切り口や視点からセミナーやワークショップを企画していきます。またお目にかかる機会があればさいわいです。