家族

3世代「家族図」から家系のパターンを読み解く 実践講座[5回シリーズ]

3世代家族2

家族の歴史は繰り返すといいます。

複数世代に連鎖する感情と家族関係のパターンを再評価すると、
過去から現在へ、そして未来につながる人間関係のヒントが見つかります。

本講座は、5回の家系学の講義を通じ、
家族図の意味・作り方・活用方法を学びながら、
講座と講座の間に、自分自身の家系の
「家族図」「エピソード・プロフィール」「家族史年表」を作成する実践講座です。

家系に流れるパターンは先祖の「家訓」ともいえます。
それを解明し、自己を「時間的存在」と「運命共同体」の両方から捉えることで、
新たなアイデンティティを獲得します。

ご自身の周りの家族との関係性を見直すことで、
家族問題を予防するだけでなく、社会の縮図である家族機能を活性化します。

今回は、5,000件の家系譜を作成し、1,800回の家系学講演実績のある講師が、
ファミリーヒストリー の研究が生み出す、家族の新しい視点を、
実例を 交えながら解説し、参加者と共に語り合い、実践をサポートします。

【募集対象】

  • 家系譜、家族史に興味のある人、作りたい人
  • 自分史+家族史を書きたい人。それを支援したい人
  • 家族関係、親子関係、人間関係に課題を感じている人

【カリキュラム(予定)】

日程

部屋 講義内容予定

次回までの宿題

第1回
終了

3月10日(金)
18:30~21:00
学習室6
  • 家系学について
  • 家系とアイデンティティ
  • なぜ家族図なのか
  • 戸籍謄本を取得する

第2回
終了

4月7日(金)
18:30~21:00
学習室7
  • 自己分化で自己を確立する
  • 家系図のまとめ方
  • 謄本を読み取り、家族図を書く

第3回
終了

5月12日(金)
18:30~21:00
学習室2
  • 世代間連鎖
  • 過去の家族を想う
  • エピソード・プロフィール作成

第4回
終了

6月9日(金)
18:30~21:00
学習室2
  • 現在家族の盲点
  • 歴史年表の作り方
  • 家族史年表を作成

第5回

7月7日(金)
18:30~21:00
学習室2
  • 人間関係を読み解く
【会場】
  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室
    (部屋は毎回異なりますので、参加者にお伝えいたします)
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html
【参加費】 
    • 第2回のみ 5,000円(税込) ※戸籍謄本取得等の諸経費は含まれません
    • 第2回から第5回まで一括  20,000円  ※出席できなかった回はビデオ補講可能。第1回分は概略資料のみ。

申込_Peatix

【定員】 各 15名 残席僅か
【参加者の感想】
  • 自分の家系譜を作ってみたいと思いました
  • とても有意義で深い内容をわかりやすくまとめた興味深い内容だった
  • 家族心理学に興味を持つようになりました
  • 愛に溢れる素晴らしい講座でした
  • 自分の目標ができ、やる気が出ました
  • とてもためになるお話しばかりでノンストップで引き込まれました
  • 自分の命の意味を知りたいという興味が湧きました
  • 自分史を個人の歴史だけでなく家族の関係性の中から紐解く沢山のヒントが得られた
  • 家系を通して家族の悩みや問題解決につながっている点が素晴らしい
  • 家系という文脈から自分と家族を振返るという新たな視点に気付きました
  • 良く練られたプロフェッショナルな話でした
  • 家系図を体系的に理解し、その意味や背景を知ることができた
  • シグナルや情動問題の概念を知ることができてよかった

【講師】

16117887_1078757585583584_570414446_n小川 敬(おがわ たかし)
家系研究所
主幹研究員
  • 京都の家系譜の制作会社に勤務。
  • 全国で5,000件の家系譜制作の実績。
  • 家系調査結果の家族報告会700回。
  • ジェノグラム、家族システム論、家族心理学の研究と家族図分析を25年間継続し、全国での講演や研修開催は1,800回にのぼる。

kakei-gaku_cover_0719_02【著書】 ハッピーセラピー 読むだけで悩みが解消される家系学

家系学とは家族を歴史的な枠組みで振り返り学ぶ為のものです。誰もが深く関係している問題をより明らかにし、これからの個人と家族の在り方を考えます。

第1章:家系から見る家族関係
第2章:家系には連鎖する感情がある
第3章:家系の再評価から新しい家訓がでる
第4章:家系でわかる夫婦の出会いと絆
第5章:家系の流れを変えることの必要性

3世代家族図からわかる人間関係のストーリー

家族の歴史は繰り返すといいますが・・・
複数世代に連鎖する感情と家族関係のパターンを再評価すると
過去から現在へ、そして未来につながる人間関係のヒントが見つかります

15666377_1055324807926862_824310047_n【内容】

家族図は、先祖とのつながりを示すただの関連図ではありません。
そこには家系の感情や人間関係が脈々と受け継がれています。
この家訓ともいうべきメッセージを受け取ることから、人生のステージアップを考えてみませんか。

人は誰もが、関係性の中で生きています。
親子関係は、人間関係の基礎であり、その後の家族関係に大きな 影響を及ぼします。
子育て、夫婦の在り方、親との確執、兄弟間の問題など。

家族心理学では、親子の情動問題の課題を達成してはじめて人は自立すると みています。
しかし、子供がどの程度自立できるかは、親のまた親つまり祖父 母との関係に左右されます。
さらに祖父母の自立レベルも、 そのまた親というように多世代にまたがったものなのです。

それ故、家族を客観的に理解する為には、家族がどのような歴史 を辿ってきたのかを知る事が大切です。
今回は、5,000件の家系譜を作成し、1,800回の家系学講演実績のある講師が、
ファミリーヒストリー の研究が生み出す、家族の新しい視点を、
実例を 交えながら解説し、参加者と共に語り合います。

【募集対象】

  • 人間関係に課題を感じている人
  • 自分史+家族史を書きたい人。それを支援したい人
  • 家系譜、家族史に興味のある人、作りたい人

【日程】

  • 2017年2月11日(土)
  • ワークショップ:10:00~12:30 (開場:9:40)

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室6
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html
【持ち物】 筆記用具
【参加費】 3,000円(税込)
【定員】 15名
【参加者の感想】
  • 自分の家系譜を作ってみたいと思いました
  • とても有意義で深い内容をわかりやすくまとめた興味深い内容だった
  • 家族心理学に興味を持つようになりました
  • 愛に溢れる素晴らしい講座でした
  • 自分の目標ができ、やる気が出ました
  • とてもためになるお話しばかりでノンストップで引き込まれました
  • 自分の命の意味を知りたいという興味が湧きました
  • 自分史を個人の歴史だけでなく家族の関係性の中から紐解く沢山のヒントが得られた
  • 家系を通して家族の悩みや問題解決につながっている点が素晴らしい
  • 家系という文脈から自分と家族を振返るという新たな視点に気付きました
  • 良く練られたプロフェッショナルな話でした
  • 家系図を体系的に理解し、その意味や背景を知ることができた
  • シグナルや情動問題の概念を知ることができてよかった

【講師】

16117887_1078757585583584_570414446_n小川 敬(おがわ たかし)
家系研究所
主幹研究員
  • 京都の家系譜の制作会社に勤務。
  • 全国で5,000件の家系譜制作の実績。
  • 家系調査結果の家族報告会700回。
  • ジェノグラム、家族システム論、家族心理学の研究と家族図分析を25年間継続し、全国での講演や研修開催は1,800回にのぼる。

kakei-gaku_cover_0719_02【著書】 ハッピーセラピー 読むだけで悩みが解消される家系学

家系学とは家族を歴史的な枠組みで振り返り学ぶ為のものです。
誰もが深く関係している問題をより明らかにし、これからの個人と家族の在り方を考えます。

第1章:家系から見る家族関係
第2章:家系には連鎖する感情がある
第3章:家系の再評価から新しい家訓がでる
第4章:家系でわかる夫婦の出会いと絆
第5章:家系の流れを変えることの必要性

 

16144437_1078757448916931_1808359035_n

【主催】 株式会社コラボプラン

ワークショップ『ブロックで家族新発見!』(9/18、自分史フェスティバル2016 日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェ)

banner03g

 自分史フェスティバル2016のワークショップ
日本橋三越本店本館7階 はじまりのカフェ
無料・定員16名・予約制


親子・・ 夫婦・・ 義理の家族・・
一緒にいても、お互いに知らないことがあります。

ブロック遊びで手に考えてもらって、家族の意外な一面を発見しませんか。
160918三越ブロックd

【内容】

私たちが日々体験するたくさんの出来事の中で、
意識して伝えていることはわずかです。

また、自分が知っている自分があなたの一部であるように、
家族のことも、意外と表面的にしか理解していないかもしれません。

親子。夫婦。義理の家族で話をするとき、
家族とはいっても、遠慮があったり、恥ずかしかったり、
率直に話ができないことってありませんか。

教育理論「コンストラクショニズム」を基に開発されたLEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎ (レゴ®シリアスプレイ®) の手法をつかって、ブロックを介したいつもとは少し違った家族間のコミュニケーションを試みます。

【募集対象】

  • 2-3名の家族、または親しい友人グループでご参加ください。お一人の参加はできません。
    小学校高学年から大人までを対象にしています。
    一人ずつに専用ブロックセットをご用意し、グループ単位でワークを行います。

【参加費】 無料

【期待効果】

  • 家族のことがもっとわかる。家族と話をするきっかけを増やせる。
  • 家族から見えている自分を知る。伝えられていなかったことに気づく。

【日時】 9月18日(日)12:30~13:30

【会場】

  • 日本橋三越本店本館7階 はじまりのカフェ
    東京都中央区日本橋室町1-4-1

申し込み


【講師/ファシリテーター】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/自分史活用マスター
LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎トレーニング修了認定 LSPファシリテータ

家族の急逝をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」、「Histy」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。


自分史カフェは、『自分史フェスティバル2016』のサポーターです。


知っておきたい、伝えておきたい「親の人生」(「親ブック」進呈)

あなたはどれだけ親のことを知っていますか?
知っていると思っても意外と知らない親のコト。
そろそろ、親のこと。自分ごと。

160628DSC00678

【内容】

  • 親のお友達を3人知ってますか?12936655_1064612200261911_8254029359905080754_n
  • 親のお気に入りの服って知ってますか?
  • 親の体重って知ってますか?

みなさんが子供だった頃、
親はみなさんの事をよく知っていました。
なぜなんでしょうか?
それは、みなさんに良い人生を送って欲しかったからではないでしょうか。

親孝行をするにしても、介護者に親の人生を任せるにしても、良い人生を送ってもらうためには、親の生活スタイル、趣味・こだわりなどを知り、伝えることから始まります。

12920327_1064495746940223_3922136187388112737_n本ワークショップは、
子供や介護者と一緒に書き込める、
高齢者と家族の新しいコミュニケーションツール「親ブック」を使って、
「くらし」「自分史」「旅行」「食」「カルチャー」「ワードローブ」
の6つのカテゴリーについて、 親の人生を探究します。
(その場で使った「親ブック」はお持ち帰りいただけます。)

  • どんな事を聞けば、親の人生を知れるのか。
  • どうやったら、聞けるのか。
  • 親のコトを知ることで、親の人生はどう変わるのか

といった疑問に対して、ワークショップ形式で、探索&体験します。


【募集対象】

  • そろそろ親もいい歳だと思っている方
  • 親と離れて住んでいる方
  • 親の今日の予定を知らない方
  • 親の仲の良い友達の名前を知らない方

【期待効果】

  • 親の日常生活や健康を把握することができる
  • 親の思い出を写真やエピーソードを綴りアルバムとして残すことができる
  • 親の好みやこだわりを知ることにより、親孝行のヒントが得られる
  • 介護者に安心して親の人生を任せられる

【日程】

  • 2016年7月16日(土)
  • 受付開始: 13:10
  • ワークショップ:13:30~16:00

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室7
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具

【定員】

  • 12名

【親ブックの感想とご紹介】

  • 自分は親のことを知っているつもりだったのですが、つもりではいけないと思いました。
  • 実親のこと少しはわかるけど、、、義親については、もっと知らないと思う。義親を介護している人もおおいので、うまく役立ててもらえるといいなと感じました。
  • 親ブックの見本をみる → こちら
  • 親ブックを購入する → こちら

【ファシリテーター】

isodaakiko礒田明子(いそだ あきこ)
株式会社マーケティングウィザード 代表

(株)リクルートで法人営業、新規事業開発、マーケティグを担当、2002年独立開業、企業の事業開発や法人営業戦略、業務効率改善をサポート。2005年~2008年ハワイのウエディング会社の社長業請負、帰国後は個人向けにハワイ専門のウエディング&トラベルコンシェルジュを兼業。
現在は”50+と地方がHappyでないと日本は日本でなくなる”という信念のもと、50プラスと地方応援をテーマにしている。

oyabook2kakikata
【主催】株式会社コラボプラン
【共催】株式会社ディレクターズパラダイス