fbpx

ブロック/模型(3D)

記念ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」群馬県立歴史博物館 1/14(日)

子どもだった昭和の時代。

思い出の写真や再現模型を味わいながら、

時代と家族の歴史に分け入ります

自分史のきっかけになる1ページに取り組みます。

171204DSC01371

写真は企画展で展示される1/12サイズのジオラマ模型

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

記念ワークショップ 1/14(日)
「写真と模型で味わう家族の情景」

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。参加無料です。
(027-346-5522)

【日程】

  • 2018年1月14日(日)
  • 講演&質疑応答:14:00-15:30

【内容】

  • 思い出の「家族の写真」をご持参ください。
  • 昭和の日々を表現した一枚の写真や模型を味わいながら、自らの記憶の中から家族の情景を引き出します。

【講師】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、自分史の普及と活用を推進する一般社団法人の設立に参加。
2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。
2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のワークショップ実績の紹介

2017/10/11,16 ”模型で味わう「家族の情景」”

171016DSC00621

(いずれも、東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

群馬県での活動  自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 学習ホール
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 のご案内

上記のワークショップに加えて、本間浩一が記念セミナーの講師もつとめます。

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2017年12月23日(土) 14時ー15時半 定員144名

セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」

top94

情景模型/ジオラマと自分史(勉強会)

DSC08504

【自分史活用推進協議会渋谷支部・第1回勉強会(2017年7月)】

img20170621_11154667m見る者の情感を呼び覚ます「情景模型」には、自分史を紡ぐヒントが隠されています。特別注文の情景模型を製作する場合は、発注された方の思い出を情景模型作家が引き出していく場面もあります。

「おばあちゃんの原宿」として多くの高齢者で賑わう東京・巣鴨。駅から山手線の北側の道を池袋方面に数分歩くとジオラマ ミニチュア 情景模型専門店「さかつうギャラリー」に到着します。

鉄道模型のお店はたくさんありますが、このお店の特徴は背景として発達してきた家や街の模型に焦点をあてたところです。店内には列車の模型は見当たりません。

今回は、この領域のパイオニアである坂本直樹さんをお招きし、情景模型と自分史の接点を考えます。

 

【内容】

講演(坂本 直樹 氏) 1時間30分(18:30-20:00)

  • 模型の領域の中での主に昭和の「情景模型」の位置づけ
  • 昭和の「情景模型」の実例(写真を用いた紹介)
  • 「作家」と呼ばれる情景模型作家の紹介。
  • 汎用品と特別注文の違い。
  • 注文の場合の仕事の流れ。
  • 自分史との接点で考えていること。

質疑/意見交換 30分(20:00-20:30)

  • 講演を受けての質疑応答。
  • 「情景模型/ジオラマ」と「自分史」の接点の可能性についての意見交換。

【講師】

ジオラマ ミニチュア 情景模型専門店「さかつうギャラリー」
代表 坂本 直樹 氏

【募集対象/参加費】

  • 自分史活用アドバイザー(500円)
  • 情景模型/ジオラマに関心のある一般の方(1,000円)

※ このページからお申込みの方は、参加費は当日お支払いください。

【日程】

  • 2017年7月31日(月)
  • 受付開始:18:15
  • 講演&意見交換:18:30-20:30

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室2
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具

 

【開催責任者】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/渋谷支部長

家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

【運営】株式会社コラボプラン自分史カフェ

ワークショップ『ブロックで家族新発見!』(9/18、自分史フェスティバル2016 日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェ)

 

自分史フェスティバル2016のワークショップ
日本橋三越本店本館7階 はじまりのカフェ
無料・定員16名・予約制


親子・・ 夫婦・・ 義理の家族・・
一緒にいても、お互いに知らないことがあります。

ブロック遊びで手に考えてもらって、家族の意外な一面を発見しませんか。
160918三越ブロックd

【内容】

私たちが日々体験するたくさんの出来事の中で、
意識して伝えていることはわずかです。

また、自分が知っている自分があなたの一部であるように、
家族のことも、意外と表面的にしか理解していないかもしれません。

親子。夫婦。義理の家族で話をするとき、
家族とはいっても、遠慮があったり、恥ずかしかったり、
率直に話ができないことってありませんか。

教育理論「コンストラクショニズム」を基に開発されたLEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎ (レゴ®シリアスプレイ®) の手法をつかって、ブロックを介したいつもとは少し違った家族間のコミュニケーションを試みます。

【募集対象】

  • 2-3名の家族、または親しい友人グループでご参加ください。お一人の参加はできません。
    小学校高学年から大人までを対象にしています。
    一人ずつに専用ブロックセットをご用意し、グループ単位でワークを行います。

【参加費】 無料

【期待効果】

  • 家族のことがもっとわかる。家族と話をするきっかけを増やせる。
  • 家族から見えている自分を知る。伝えられていなかったことに気づく。

【日時】 9月18日(日)12:30~13:30

【会場】

  • 日本橋三越本店本館7階 はじまりのカフェ
    東京都中央区日本橋室町1-4-1

申し込み


【講師/ファシリテーター】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
自分史活用マスター
LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎トレーニング修了認定 LSPファシリテータ

家族の急逝をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、自分史の活用普及を推進する一般社団法人の設立に参加。
2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。


ブロックを活用して「組織」を探究する

 どのように組織開発を進めるのか?
イマジネーションを使い、手で作ることで学ぶ。。。
レゴ®シリアスプレイ® の手法を体験します。

20160625-#50-a

【内容】

160613DSC00242組織に求められるものが定かではない時代。
組織のあるべき姿も漠然としています。
人間関係にも論理や正解とは違う力「イマジネーション」が求められます。

今回は、「組織」がテーマです。
心の奥に隠れた「組織」についての内観を、ビジネス用に特別に開発された専用のレゴ®ブロックの作品として可視化し、共有とふりかえりを行います。

LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎ (レゴ®シリアスプレイ®、略称 LSP) の手法をつかった入門レベルの体験ワークショップです。

LSPは、個人のための思考、コミュニケーション、問題解決のためのファシリテーションのテクニックです。
「手による知識(hand knowledge)」の概念や教育理論「コンストラクショニズム」等を基に開発されたものです。
手と頭は連携を取り、相互に信号のやり取りをしながら、新しい知識を構築していくという理論です。
単に、頭だけで考えていても、新しい知識は構築できない、「何かをつくることで学ぶ」という考え方で、世界中のIT教育や科学分野の研究などに採り入れられています。

LSPメソッドの基礎は、コアプロセスと7つのアプリケーションテクニックです。
本ワークショップでは、コアプロセス「問いを立てる」、「つくる」、「共有」、「ふりかえり」の4ステップと、2つのアプリケーションテクニック 「1 個人モデルとストーリーの作成」、「2 共有モデルとストーリーの作成」を実践します。

注意)
6月13日に慶應丸の内キャンパスにて開催する勉強会と同じ内容で開催します。
5月29日に開催した第49回「自分史カフェ」ワークショップ 「ブロックをつかって自分を発掘する-「自分史博物館」シリーズ-」 は、個人の自分史探求が目的でした。今回は組織開発がテーマです。

【募集対象】

  • 企業等の組織で、人材開発/組織開発に携わる方
  • レゴ®シリアスプレイ®を初めて体験してみたい方

【期待効果】

  • レゴ®シリアスプレイ®を、企業の組織において人材開発・組織開発にどのように活用できるかを検討できます。

【日程】

  • 2016年6月25日(土)
  • 受付開始: 9:40
  • ワークショップ:10:00~14:30 (昼食の休憩時間ははさみません。若干のお菓子、飲み物を用意します。)
    ※ LSPの理論(1時間程度)+実習(3時間程度)+レゴ片付け(30分)で予定しています

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室7
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具

【参加費】 (税込)

  • ¥3,000

【定員】

  • 12名


【講師/ファシリテータ】 ※ 他のLSPファシリテータの参加も予定。

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎トレーニング修了認定 LSPファシリテータ
慶應丸の内シティキャンパス 「クロシング」 ラーニングファシリテータ
ワークショップ「自分史カフェ」運営
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/自分史活用マスター

本業は、大学や博物館などの教育プログラムのサポート。
家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始。ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」、「Histy」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。


【主催】株式会社コラボプラン
【共催】株式会社ディレクターズパラダイス