イベント

記念ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」群馬県立歴史博物館 1/14(日)

子どもだった昭和の時代。

思い出の写真や再現模型を味わいながら、

時代と家族の歴史に分け入ります

自分史のきっかけになる1ページに取り組みます。

171204DSC01371

写真は企画展で展示される1/12サイズのジオラマ模型

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

記念ワークショップ 1/14(日)
「写真と模型で味わう家族の情景」

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。参加無料です。
(027-346-5522)

【日程】

  • 2018年1月14日(日)
  • 講演&質疑応答:14:00-15:30

【内容】

  • 思い出の「家族の写真」をご持参ください。
  • 昭和の日々を表現した一枚の写真や模型を味わいながら、自らの記憶の中から家族の情景を引き出します。

【講師】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のワークショップ実績の紹介

2017/10/11,16 ”模型で味わう「家族の情景」”

171016DSC00621

(いずれも、東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

群馬県での活動  自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 学習ホール
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 のご案内

上記のワークショップに加えて、本間浩一が記念セミナーの講師もつとめます。

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2017年12月23日(土) 14時ー15時半 定員144名

セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」

top94

クリックすると、展覧会のちらしのPDFが開きます。

群馬県前橋市での自分史講座の実施報告(2017/3/7)

2016年12月に群馬県前橋市の消費生活センターから自分史活用推進協議会に連絡があり、例年3月前後に開催している「くらしのセミナー」3講座の一つを自分史講座にしたいと講師依頼がありました。私はこの土地に縁があったため、自分史活用アドバイザーとして応募し幸運にも選任されたため、先方と相談しながら時間や参加者に合わせた企画を立案・準備し、実施してまいりました。

先方のご担当者は一方向の講義形式ではなくワークショップスタイルの講座を想定されていました。協議会関連のイベントでも何度か実施されたマッピング自分史のワークショップのことをご存じだったそうです。今回は時間や人数を考えて、「一枚の自分史」づくりの体験を中心に組み立てることにしました。

1_m170307a●日程

2017/03/07(火) 13:30-15:00 1時間半

●講座名称

前橋市消費生活センター「くらしのセミナー」
「自分史講座 〜これからの日々をあかるく過ごすために〜」

●場所
前橋テルサ 9階 つつじの間 (前橋市千代田町2-5-1)
●参加者 約30名
●想定内容

「自分史」と聞くと、人生を締めくくるために時間をかけて執筆された立派な本を想像される方が多いのではないかと思います。
本講座で扱う自分史は少し趣が違います。これからの日々をあかるく過ごすためにひとつひとつの出来事を深く振り返る体験をしていただきます。きっかけにするのは、皆さんのアルバムにある思い出深い1枚の写真。写真を見ながら、どんな体験だったかを「一枚の自分史」にまとめていただきます。その執筆体験を参加者の間で共有し、他の方の助けも借りてさらなる気づきを得る場に設計しました。

●参加者への事前広報で持参をお願いしたもの

筆記具(基本的なものに加えて色ペン等、お好きなものを)
思い出の写真を1-3点。(他の参加者に見せてよいもの)
お忘れになる可能性を考えて、300枚程度の写真を持参。(昭和のもの・風景等)

4原稿用紙実際の進行

○導入
・講師の自己紹介:市内の写真や講師の「一枚の自分史」を使いながら。
・今日のルール(お互いの個人情報の守秘・写真撮影についての注意)
○自分史の広がりのご紹介
・自分史の事例
・自分史活用推進協議会の活動紹介
○「一枚の自分史」の紹介とワークの説明
・実例をスクリーンで投影。さらに実物パネルも展示。
○「一枚の自分史」作成
・縦書き・横書きに対応した特製原稿用紙(675字マス)を配布
○発表(お一人ずつ朗読)と感想共有

題材にする“一枚の写真”の持参をお忘れになる可能性を考えて、60歳代の世代には見覚えがあるであろうモノや風景の写真を念のために準備していきましたが、結果として3割程度の方が持参されなかったので準備が役に立ちました。学校給食の写真を囲んで皆さんのお話が盛り上がっているグループも見受けられ、個人的な写真でなくとも共有の思い出を引き出せる場面があることにあらためて気づかされました。

「一枚の自分史」の執筆は短時間のワークでしたが、一心不乱に執筆をされる方が大多数で、原稿用紙をおおむね埋めきったかたの多数いらっしゃいました。事務局スタッフとして陪席されたお二人からも皆さんが熱心に取り組まれたことに驚いたとのコメントをいただきました。

前橋市では翌月に「自分史フェスティバルin前橋」を開催予定です。この日自分史に関心を持たれた参加者にもぜひご来場いただきたいと考え、講座の最後にご案内して終了しました。

自分史活用マスター 本間浩一

自分史フェスティバル in 渋谷 12月24日(土)、25日(日)

様々な場面での、世代を超えた「自分史の活用」について
セミナー・ワークショップ・展示を、年末の休日に渋谷で開催

参加費無料 

セミナー/ワークショップ 参加希望の事前受付

渋谷TOP3


12月24日(土)のセミナー/ワークショップ

「なぜ、いま企業/ビジネスで自分史が注目されているのか」


6a017eea214927970d01b7c8af87af970b-75wi11:00-11:45
「一枚の自分史」のすすめ

河出 岩夫/河出書房代表


Isodaakiko12:30-13:15
急な介護に備える。
40歳を過ぎたら知っておくべき親のことワークショップ

礒田 明子/仕事と介護の両立支援プランナー 『親ブック』アンバサダー


Ogawatoshihisa13:30-14:15
介護を支える自分史

小川 利久/(株)エイジング・サポート代表取締役


14:30-15:15
グリーフとは:自分史断絶の叫び  (ゲスト講師)

鈴木 剛子/グリーフ・カウンセリング・センター


前田高橋15:30-16:00
社史は会社の自分史である
〜会社の活性化ツールとしての電子社史の可能性

前田義寛/一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事
高橋 誠/一般社団法人自分史活用推進協議会理事・事務局長


Babaatsushi16:15-17:00
遺言と自分史

馬場 敦/行政書士


17:30-19:00
<自分史活用アドバイザー限定> アドバイザー交流会


12月25日(日)のセミナー/ワークショップ

「親から受け継ぐ自分史 ~40代、50代の適齢期~」


合成3人10:30-11:30
文章のプロが語る自分史の書き方

赤羽 博之/伝わる文章の書き方・講師
野見山 肇/株式会社文研ビズ
福山 たか秋/家族で考えるコト研究所 代表


100kawamurayoko201511:40-12:25
「ライフチャート」で作る自分史の目次

河村 庸子/(株)コラボプラン代表・「自分史カフェ」


Suzukimotoko13:00-13:45
いちまいのペーパーでつくるワークショップ
    材料費 ワンコイン(500円)

鈴木 元子/ぬくもりアルバム工房MOKO 主宰


Konohatsue314:00-14:45
回想がどんどん進む「マッピング自分史」体験

河野 初江/らしくラボ 主宰


15:00-15:45
ファミリヒストリー体験記 −新しい絆を紡ぐ旅  (ゲスト講師)

城取 一成/慶應丸の内シティキャンパス ゼネラルマネジャー


100_宮野15052058_1764826053791930_79525219_o16:00-16:45
50年後に残る家族文集のススメ

宮野 真有/エディター・フォトライター


受け付けは終了しました。

161015DSC02467会場で「一枚の自分史」を展示

ゆっくりと落ち着いて談話できるスペースもご用意します。

写真は9月開催の日本橋三越会場での展示風景。 反響が大きかったこの「一枚の自分史」の展示を渋谷でも形を変えて再現します。


【日程】

  • 2016年12月24日(土) 10:30-18:30
  • 2016年12月25日(日)  9:30-18:00

レイアウトd161017【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室1(72名用)
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【入場料】

  • 無料。 ただし一部のワークショップで、材料費をご負担いただく場合があります。

自分史フェスティバル2016は、8月から9月にかけて、 福島県南相馬市、江戸東京博物館、日本橋三越本店の3会場で、主要なイベントを開催してきました。

この成果を、全国各地域で展開するのが「全国キャラバン」です。 今回の東京・渋谷以外にも、2017年3月までに各地で地域イベントを計画中です。


[主催]  自分史フェスティバル2016 全国キャラバン渋谷ラウンド実行委員会

Hommakoichi2[責任者]  本間浩一/自分史活用マスター

[共催] 一般社団法人自分史活用推進協議会 自分史カフェ

[運営] 株式会社コラボプラン (会場の表示名)


自分史フェスティバル