勉強会

レコードで蘇る あの頃の思い出(自分史勉強会)

【自分史活用推進協議会渋谷支部・第2回勉強会(2017年8月)】

f07931fe67fb7773a68e51ec08e8f6df_s

今はなかなか聞くチャンスがなくなったアナログレコード。

青春時代、大好きな歌手のレコードが欲しくて、
貯めたお小遣いを握りしめ、当時決して安くはなかったレコードを買いに
レコード店を訪れた想い出がある方もいるのではないでしょうか。

当時流行ったあの曲この曲、
レコードジャケットを見るだけでも、懐かしい想い出が一瞬で蘇ってきます。

今回の勉強会は、
ジャンルを問わず音楽に造詣の深い鳥越干城(とりごえたてき)さんをお招きし、
レコードと自分史の接点を考えます。

dc386578d02e97f7660e86d929d441e9_s鳥越さんの講演では、合い間、合い間にアナログ・レコードを鑑賞いただき、
良い響きと共にレコードに関する世界や歴史を堪能していただきます。

その後の意見交換の時間は、「人間ジュークボックス」・・・
1910年代から1990年代までの洋楽、邦楽の代表的なシングル盤を用意いただきます。
皆さんのリクエストを受けながら、「レコードと自分史」について語り合いましょう。

■ 講演(鳥越 干城 氏) 1時間30分(19:00-20:30)

  • レコードとの出会い、別れ、再開
  • レコードの歴史
  • レコードと音楽の歴史
  • レコードとアートの歴史
  • レコードと世界史
  • レコードと世界史と自分史
  • レコードと自分史のこれから

■ 質疑/意見交換 30~60分(20:30-21:00、21:30まで延長あり)

  • 講演を受けての質疑応答。
  • 参加者それぞれにとっての「レコードと自分史」

【日程】

  • 2017年8月23日(水)
  • 受付開始:18:45
  • 講演&意見交換:19:00-21:00(21:30まで延長あり)

【募集対象/参加費】

  • 自分史活用アドバイザー(1,000円)
  • レコードと自分史に関心のある一般の方(2,000円)
    ※ このページからお申込みの方は、参加費は当日お支払いください。

申込_紺

【講師】

鳥越 干城(とりごえ たてき) 氏

レコード収集家。
主にジャケット・デザインのよいLP、EPレコードを収集。
収集したレコードを活用して、地下鉄通路のギャラリーにてLPジャケット展示、
古民家やコーヒー店でのレコード・コンサート開催などの活動を行っている。

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室2
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【開催責任者】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/渋谷支部長

家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

【運営】株式会社コラボプラン自分史カフェ

情景模型/ジオラマと自分史(勉強会)

DSC08504

【自分史活用推進協議会渋谷支部・第1回勉強会(2017年7月)】

img20170621_11154667m見る者の情感を呼び覚ます「情景模型」には、自分史を紡ぐヒントが隠されています。特別注文の情景模型を製作する場合は、発注された方の思い出を情景模型作家が引き出していく場面もあります。

「おばあちゃんの原宿」として多くの高齢者で賑わう東京・巣鴨。駅から山手線の北側の道を池袋方面に数分歩くとジオラマ ミニチュア 情景模型専門店「さかつうギャラリー」に到着します。

鉄道模型のお店はたくさんありますが、このお店の特徴は背景として発達してきた家や街の模型に焦点をあてたところです。店内には列車の模型は見当たりません。

今回は、この領域のパイオニアである坂本直樹さんをお招きし、情景模型と自分史の接点を考えます。

 

【内容】

講演(坂本 直樹 氏) 1時間30分(18:30-20:00)

  • 模型の領域の中での主に昭和の「情景模型」の位置づけ
  • 昭和の「情景模型」の実例(写真を用いた紹介)
  • 「作家」と呼ばれる情景模型作家の紹介。
  • 汎用品と特別注文の違い。
  • 注文の場合の仕事の流れ。
  • 自分史との接点で考えていること。

質疑/意見交換 30分(20:00-20:30)

  • 講演を受けての質疑応答。
  • 「情景模型/ジオラマ」と「自分史」の接点の可能性についての意見交換。

【講師】

ジオラマ ミニチュア 情景模型専門店「さかつうギャラリー」
代表 坂本 直樹 氏

【募集対象/参加費】

  • 自分史活用アドバイザー(500円)
  • 情景模型/ジオラマに関心のある一般の方(1,000円)

※ このページからお申込みの方は、参加費は当日お支払いください。

【日程】

  • 2017年7月31日(月)
  • 受付開始:18:15
  • 講演&意見交換:18:30-20:30

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室2
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具

 

【開催責任者】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/渋谷支部長

家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

【運営】株式会社コラボプラン自分史カフェ