fbpx

こうやって描くと達成する!ゴールを描く8つの秘訣

目指すゴールは漠然としがちなものです。
漠然とした未来も、達成しやすいゴールを描き方を知ることで、
イメージやアプローチが具体化し、実現しやすくなります。

4_DSC07923

【内容】

やりたいこと、夢や目標は、大小たくさんあると思います。

常に「目標」の事ばかりを考えて暮らせない 忙い毎日の中で、
これらを実現するためには、
意識せずとも自然に目標に向うような工夫が有効です。

人は意識的に取り扱える事柄は非常に限られています。
一方、 呼吸、歩く、キーボードを打つなど、
多くの事を意識しないで行っています。

まずは「意識」と「無意識」(意識していない状態)の特徴を理解し、
忙しい日常の中でも、無理なく目標を達成できるよう、
自然と近づいていきたくなる「ゴールの描き方」のコツを学びます。

ただ、一言で「目標やゴールを描く」といっても、
そのやり方は人によって千差万別です。
例えば、大枠から決める人と詳細から決める人。

様々な角度からゴールにアプローチし、
効果的にゴール実現に必要な能力や人・物・金・情報などを見つけます。

【募集対象】201501_ゴール_Event Photo(logo)

  • 自分の「ゴール」を具体化したい人
  • ゴールを達成したい方

【期待効果】

  • 自分の求めるゴールへのモチベーションが高まる
  • ゴール到達に必要な資源(人・もの・金・情報など)が見つかる

【日程】

  • 2016年4月30日(土)
  • 受付開始:13:10
  • ワークショップ:13:30~16:00

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室7
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具

【参加費】 (税込)

  • ¥3,000

申込_紺


【受講者の感想】

  • 自分のなりたい状態に向き合えた
  • 無意識の影響の大きさを知った
  • 実現した状態をイメージした時にやりたい感/出来る感が変動した
  • 達成のイメージを絵にすることで具体的な目標となる
  • 達成した時の感覚を味わうことが大切だと実感しました
  • 凄く納得しながら楽しく受講できました
  • 五感でイメージすることの大切さがわかった

【講師】

Yoko河村 庸子(かわむら ようこ)
株式会社コラボプラン 代表
株式会社ディレクターズパラダイス 代表
国際ファシリテーター協会 日本支部 理事

リーダーの人間力向上によって組織が成果を出すコンサルティング、トレーニング、コーチングなど活動。 米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト/コーチ/チェンジエージェント。国際ジェネラティブ・チェンジ協会認定 コーチ。チームフロー認定 コーチ。米国タイムライン・セラピー協会認定 マスタープラクティショナー

DSC00340+4