fbpx

博物館でワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」 2/24(土)

昭和の時代の風景や道具。

思い出の写真や再現模型を味わいながら、

時代と家族の歴史に分け入ります

原稿用紙1枚だけ、自分史を書いてみましょう。

180114-IMG_6317

1/14に同じ会場で開催されたワーク

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

ワークショップ 2/24(土)
11時から午後4時まで、自由にご参加いただけます。
「写真と模型で味わう家族の情景」

予約不要、参加無料です。
お問合せは電話で。(027-346-5522)

【日程】

  • 2018年2月24日(土)
  • ワークショップ:11:00-16:00

【内容】

  • 講師とおしゃべりをしながら、昭和の日々を表現した一枚の写真や模型を味わい、記憶の中から家族の情景を引き出して1枚の自分史原稿を書き上げます。
  • 思い出の「家族の写真」をご持参ください。昭和の風景や道具を写した写真も用意しています。
  • お一人ずつ、時間を気にせずに、自由に取り組んでいただけます。

180114DSC01699

企画展で展示されている1/12サイズのジオラマ模型も参考にしてください。

【講師】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のワークショップ実績の紹介

2017/10/11,16 ”模型で味わう「家族の情景」”
2018/1/14 ”写真と模型で味わう家族の情景”

171016DSC00621

(東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

群馬県での活動  自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 学習ホール
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 のご案内

top94

クリックすると、展覧会のちらしのPDFが開きます。