第4回目は「身体記憶」の講義が中心でした。(7/14まで掲示)

第4回目は「身体記憶」の講義が中心でした。

様々な話題がオムニバスの形で扱われました。
筋を追う形ではなく、出てきたキーワードを紹介します。

●愛
・「芳村思風」の”感性論哲学”が参考になる。
・愛とは主体性。主体性と統合性が相続される。

●不安
・長所ばかり見るのではなく、短所を受け入れることも必要。
・喪失体験 フロイトは二十数通りを識別。
・「防衛」

●自分の心に向き合う。
・記憶の宿場、マイクロRNA、筋肉、心臓

<ワーク>
・ワークシートでセクションごとに当てはまる項目をチェック。数を数える。
・チェックが多いセクションについておがわさんの解説。
・個人的な内容も含みましたので細かいメモは避けます。

●子ども
・ミラーニューロン、身体で受け取る、言葉では表せないもの

●体にあらわれる症状についての共有、コメント

●身体からのアプローチ
・意識を向ける。その部位を自覚。声を与える。
・アフォーメーション
・身体への癒し
・ポイント
評価しない、分析しない。解釈しない、理由をつけない、意見を付けない、原因を追究しない。

●自分の中にあるものとの対話
・主体性の発揮
・身体に声を与える。
●次回のテーマは「夫婦」です。
・”相補性”と”相似性”
・母方の家系

●質疑応答
・本日の内容について個々に理解を深めるためのQ&Aが交わされました。
個人的な内容も含みましたので細かいメモは避けます。

=====================================
p.s.
今回は、冒頭で第3回までの内容について寄せられた質問に対する説明から始まりました。メモで十分に伝わらない点についてはおがわさんと直接話をすることもご検討ください。

質問1 第3回で、課題を絞り込んだ後に家族の絵を配置した図へとつながるワークの内容を説明してほしい。家族がそれぞればらばらの方向を向いているのは意味があるのか。
->向きについてのコメントがありました。向きは家族の間の関係を表しているともいえる。あれこれ考える材料と考えてほしい。

質問2 第3回で、「親の癒し」の大切さをまなんだ。どんなことがそれにつながるのかヒントがほしい。
->ケースバイケースなので一概にこれがいいといえるものはない。基本は自分に向き合うこと(自己内対話)をふかめること。それによって親に対する態度などがかわってくるものである。