自分史活用推進協議会 渋谷支部

170518DSC07163

会合開催場所となる渋谷区文化総合センター大和田(ドームの建物)と渋谷駅からの目印となるセルリアンタワー

設立日

2017年5月24日(一般社団法人自分史活用推進協議会理事会承認と同時に設立)

支部長

本間 浩一(自分史活用マスター)

支部の連絡担当者名

河村 庸子(自分史活用アドバイザー)

運営実体/連絡先住所

〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-1-30-206 (株)コラボプラン

連絡先Emailアドレス

shibuya@jibunshicafe.net

設立趣旨

東京都渋谷区では2015年4月以来これまでに3度のアドバイザー認定講座(19,31,40期)が開催されました。来る6月18日には4回目(51期)を開催予定です。回を重ねることで認定を受けたアドバイザー間の一定のコミュニケーションが成立する段階にいたっため、今後さらに活動を活発にしていくために支部を設立します。

これまで渋谷での認定講座の運営母体となっていた「自分史カフェ」は、2014年夏のフェスティバル以来、月に1度のペースで自分史活用ワークショップを開いてきており、2016年12月には「自分史フェスティバルin渋谷」、2017年4月には「自分史フェスティバルin前橋」の運営も成功させました。この実績を引き継いで、渋谷の街が人生のどこかのシーンに結びつく皆様と支部活動を盛り立てていきたいと思います。

今後、イベント/ワークショップ/セミナーの運営を計画しています。

支部活動の内容(行事名及び日程など予定)

2017年

2017年6月18日(日) 自分史活用アドバイザー認定講座 in 渋谷 開催

2017年7月31日(月) 第1回勉強会「情景模型/ジオラマと自分史」

2017年8月23日(水) 第2回勉強会「レコードで蘇る あの頃の思い出」

今後の予定

  • 「自分史カフェ」の開催日に、別枠で年に一度程度支部連絡会議を設定することを想定。
  • 独自の勉強会/研究会メニューを立ち上げ予定(作ることに加え、事例に学ぶことも重視)
    例:自分史読書会(参加者が、自分が読んだ自分史を紹介する。)
  • アドバイザー認定講座の開催  初回6/18、 その後は年に2回のペースでの申請を想定。

その他

* 支部活動に関する基本的な会費は不要。勉強会参加費は適宜設定。
* 参加資格 支部運営に関する会合の参加者は、自分史活用アドバイザーとして登録済みのアドバイザー。勉強会については自由参加。