Tag Archive: 人間関係

3世代「家族図」から家系のパターンを読み解く 実践講座[5回シリーズ]

3世代家族2

家族の歴史は繰り返すといいます。

複数世代に連鎖する感情と家族関係のパターンを再評価すると、
過去から現在へ、そして未来につながる人間関係のヒントが見つかります。

本講座は、5回の家系学の講義を通じ、
家族図の意味・作り方・活用方法を学びながら、
講座と講座の間に、自分自身の家系の
「家族図」「エピソード・プロフィール」「家族史年表」を作成する実践講座です。

家系に流れるパターンは先祖の「家訓」ともいえます。
それを解明し、自己を「時間的存在」と「運命共同体」の両方から捉えることで、
新たなアイデンティティを獲得します。

ご自身の周りの家族との関係性を見直すことで、
家族問題を予防するだけでなく、社会の縮図である家族機能を活性化します。

今回は、5,000件の家系譜を作成し、1,800回の家系学講演実績のある講師が、
ファミリーヒストリー の研究が生み出す、家族の新しい視点を、
実例を 交えながら解説し、参加者と共に語り合い、実践をサポートします。

【募集対象】

  • 家系譜、家族史に興味のある人、作りたい人
  • 自分史+家族史を書きたい人。それを支援したい人
  • 家族関係、親子関係、人間関係に課題を感じている人

【カリキュラム(予定)】

日程

部屋 講義内容予定

次回までの宿題

第1回
終了

3月10日(金)
18:30~21:00
学習室6
  • 家系学について
  • 家系とアイデンティティ
  • なぜ家族図なのか
  • 戸籍謄本を取得する

第2回
終了

4月7日(金)
18:30~21:00
学習室7
  • 自己分化で自己を確立する
  • 家系図のまとめ方
  • 謄本を読み取り、家族図を書く

第3回
終了

5月12日(金)
18:30~21:00
学習室2
  • 世代間連鎖
  • 過去の家族を想う
  • エピソード・プロフィール作成

第4回
終了

6月9日(金)
18:30~21:00
学習室2
  • 現在家族の盲点
  • 歴史年表の作り方
  • 家族史年表を作成

第5回

7月7日(金)
18:30~21:00
学習室2
  • 人間関係を読み解く
【会場】
  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室
    (部屋は毎回異なりますので、参加者にお伝えいたします)
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html
【参加費】 
    • 第2回のみ 5,000円(税込) ※戸籍謄本取得等の諸経費は含まれません
    • 第2回から第5回まで一括  20,000円  ※出席できなかった回はビデオ補講可能。第1回分は概略資料のみ。

申込_Peatix

【定員】 各 15名 残席僅か
【参加者の感想】
  • 自分の家系譜を作ってみたいと思いました
  • とても有意義で深い内容をわかりやすくまとめた興味深い内容だった
  • 家族心理学に興味を持つようになりました
  • 愛に溢れる素晴らしい講座でした
  • 自分の目標ができ、やる気が出ました
  • とてもためになるお話しばかりでノンストップで引き込まれました
  • 自分の命の意味を知りたいという興味が湧きました
  • 自分史を個人の歴史だけでなく家族の関係性の中から紐解く沢山のヒントが得られた
  • 家系を通して家族の悩みや問題解決につながっている点が素晴らしい
  • 家系という文脈から自分と家族を振返るという新たな視点に気付きました
  • 良く練られたプロフェッショナルな話でした
  • 家系図を体系的に理解し、その意味や背景を知ることができた
  • シグナルや情動問題の概念を知ることができてよかった

【講師】

16117887_1078757585583584_570414446_n小川 敬(おがわ たかし)
家系研究所
主幹研究員
  • 京都の家系譜の制作会社に勤務。
  • 全国で5,000件の家系譜制作の実績。
  • 家系調査結果の家族報告会700回。
  • ジェノグラム、家族システム論、家族心理学の研究と家族図分析を25年間継続し、全国での講演や研修開催は1,800回にのぼる。

kakei-gaku_cover_0719_02【著書】 ハッピーセラピー 読むだけで悩みが解消される家系学

家系学とは家族を歴史的な枠組みで振り返り学ぶ為のものです。誰もが深く関係している問題をより明らかにし、これからの個人と家族の在り方を考えます。

第1章:家系から見る家族関係
第2章:家系には連鎖する感情がある
第3章:家系の再評価から新しい家訓がでる
第4章:家系でわかる夫婦の出会いと絆
第5章:家系の流れを変えることの必要性

エゴグラムで探る!より良い人間関係の築き方

170211mDSC04942+
人間関係が上手い人は、自分の特徴と相手への影響を理解しています
そして、相手にに対し、自分の特徴をどう調整すべきかを理解しています
私たちの人間関係は、もっと豊かで質の高いものに変化できます

【内容】

自分の特徴を客観的に理解することは、 相手と良好な関係を築く第一歩です。エゴグラム

今回は、「東大式エゴグラム」*を使って、5つの心
「父親の心」「母親の心」「大人の心」「自由な子供の心」「順応な子供の心」
をどのように使っているのか、
自我の状態を数値化し、自分の特性を自己診断します。

この結果から、自分の特徴を客観的に把握し、
自分が及ぼす影響と相手から受ける影響について、探究します。

私たちの個性は、目の前の相手に合わせて調整することによって「強み」として輝きます。
一方、同じ個性もうまく調整できないと「弱み」にもなり得ます。

私たちはお互いに影響しあい、関係しあっています。
自分を理解し、相手を理解し、認め合うことで
お互いの強みを活かせるアプローチを模索してみませんか。

※東大式エゴグラム:TEGⅡ
アメリカの精神科医バーンの提唱した交流分析理論に基づいて、
東京大学医学部心療内科TEG研究会が開発・作成した
53問の質問項目からなる性格検査。

【募集対象】

  • 人間関係に課題を感じる方
  • 自分の特性を客観的に把握したい方
  • 周りの人と多様な協力関係を築きたい方

【日程】

  • 2017年2月11日(土)
  • ワークショップ:13:30~16:00 (受付開始:13:10)

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室6
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html
【持ち物】 筆記用具
【参加費】 3,000円 (エゴグラム付き・税込)
【定員】 12名
【参加者の感想】
  • コミュニケーションの具体的な改善方法がわかった
  • とても分かり易く、今後に活かせる内容だった
  • 自分で診断でき、自己で改善できる効果的なツール
  • 自分の与える印象を改めて確認できた
  • 人間関係を扱える、限定的ではないツールというところが魅力的
  • 自己診断して他者の話を聞くことで自分を俯瞰できた
  • 交流分析の考え方が面白い。周りの人にもやってみたい。
  • 自分の強みと弱みを知り、改善していくことでコミュニケーション力UPに取り組みたい
  • 柔軟に変えられる自分の可能性を感じた

170211mDSC04942+

【ファシリテーター】

Yoko河村 庸子(かわむら ようこ)
株式会社コラボプラン 代表取締役
組織変革コンサルタント

リーダーの人間力向上によって組織が成果を出すためのコンサルティング、トレーニング。
米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト/コーチ/チェンジエージェント。国際ジェネラティブ・チェンジ協会認定 コーチ。チームフロー認定 コーチ。行動特性分析HRD/DiSC認定インストラクター。英国国立レスター大学MBA。

【主催】株式会社コラボプラン

3世代家族図からわかる人間関係のストーリー

家族の歴史は繰り返すといいますが・・・
複数世代に連鎖する感情と家族関係のパターンを再評価すると
過去から現在へ、そして未来につながる人間関係のヒントが見つかります

15666377_1055324807926862_824310047_n【内容】

家族図は、先祖とのつながりを示すただの関連図ではありません。
そこには家系の感情や人間関係が脈々と受け継がれています。
この家訓ともいうべきメッセージを受け取ることから、人生のステージアップを考えてみませんか。

人は誰もが、関係性の中で生きています。
親子関係は、人間関係の基礎であり、その後の家族関係に大きな 影響を及ぼします。
子育て、夫婦の在り方、親との確執、兄弟間の問題など。

家族心理学では、親子の情動問題の課題を達成してはじめて人は自立すると みています。
しかし、子供がどの程度自立できるかは、親のまた親つまり祖父 母との関係に左右されます。
さらに祖父母の自立レベルも、 そのまた親というように多世代にまたがったものなのです。

それ故、家族を客観的に理解する為には、家族がどのような歴史 を辿ってきたのかを知る事が大切です。
今回は、5,000件の家系譜を作成し、1,800回の家系学講演実績のある講師が、
ファミリーヒストリー の研究が生み出す、家族の新しい視点を、
実例を 交えながら解説し、参加者と共に語り合います。

【募集対象】

  • 人間関係に課題を感じている人
  • 自分史+家族史を書きたい人。それを支援したい人
  • 家系譜、家族史に興味のある人、作りたい人

【日程】

  • 2017年2月11日(土)
  • ワークショップ:10:00~12:30 (開場:9:40)

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室6
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html
【持ち物】 筆記用具
【参加費】 3,000円(税込)
【定員】 15名
【参加者の感想】
  • 自分の家系譜を作ってみたいと思いました
  • とても有意義で深い内容をわかりやすくまとめた興味深い内容だった
  • 家族心理学に興味を持つようになりました
  • 愛に溢れる素晴らしい講座でした
  • 自分の目標ができ、やる気が出ました
  • とてもためになるお話しばかりでノンストップで引き込まれました
  • 自分の命の意味を知りたいという興味が湧きました
  • 自分史を個人の歴史だけでなく家族の関係性の中から紐解く沢山のヒントが得られた
  • 家系を通して家族の悩みや問題解決につながっている点が素晴らしい
  • 家系という文脈から自分と家族を振返るという新たな視点に気付きました
  • 良く練られたプロフェッショナルな話でした
  • 家系図を体系的に理解し、その意味や背景を知ることができた
  • シグナルや情動問題の概念を知ることができてよかった

【講師】

16117887_1078757585583584_570414446_n小川 敬(おがわ たかし)
家系研究所
主幹研究員
  • 京都の家系譜の制作会社に勤務。
  • 全国で5,000件の家系譜制作の実績。
  • 家系調査結果の家族報告会700回。
  • ジェノグラム、家族システム論、家族心理学の研究と家族図分析を25年間継続し、全国での講演や研修開催は1,800回にのぼる。

kakei-gaku_cover_0719_02【著書】 ハッピーセラピー 読むだけで悩みが解消される家系学

家系学とは家族を歴史的な枠組みで振り返り学ぶ為のものです。
誰もが深く関係している問題をより明らかにし、これからの個人と家族の在り方を考えます。

第1章:家系から見る家族関係
第2章:家系には連鎖する感情がある
第3章:家系の再評価から新しい家訓がでる
第4章:家系でわかる夫婦の出会いと絆
第5章:家系の流れを変えることの必要性

 

16144437_1078757448916931_1808359035_n

【主催】 株式会社コラボプラン

ブロックを活用して「組織」を探究する

 どのように組織開発を進めるのか?
イマジネーションを使い、手で作ることで学ぶ。。。
レゴ®シリアスプレイ® の手法を体験します。

20160625-#50-a

【内容】

160613DSC00242組織に求められるものが定かではない時代。
組織のあるべき姿も漠然としています。
人間関係にも論理や正解とは違う力「イマジネーション」が求められます。

今回は、「組織」がテーマです。
心の奥に隠れた「組織」についての内観を、ビジネス用に特別に開発された専用のレゴ®ブロックの作品として可視化し、共有とふりかえりを行います。

LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎ (レゴ®シリアスプレイ®、略称 LSP) の手法をつかった入門レベルの体験ワークショップです。

LSPは、個人のための思考、コミュニケーション、問題解決のためのファシリテーションのテクニックです。
「手による知識(hand knowledge)」の概念や教育理論「コンストラクショニズム」等を基に開発されたものです。
手と頭は連携を取り、相互に信号のやり取りをしながら、新しい知識を構築していくという理論です。
単に、頭だけで考えていても、新しい知識は構築できない、「何かをつくることで学ぶ」という考え方で、世界中のIT教育や科学分野の研究などに採り入れられています。

LSPメソッドの基礎は、コアプロセスと7つのアプリケーションテクニックです。
本ワークショップでは、コアプロセス「問いを立てる」、「つくる」、「共有」、「ふりかえり」の4ステップと、2つのアプリケーションテクニック 「1 個人モデルとストーリーの作成」、「2 共有モデルとストーリーの作成」を実践します。

注意)
6月13日に慶應丸の内キャンパスにて開催する勉強会と同じ内容で開催します。
5月29日に開催した第49回「自分史カフェ」ワークショップ 「ブロックをつかって自分を発掘する-「自分史博物館」シリーズ-」 は、個人の自分史探求が目的でした。今回は組織開発がテーマです。

【募集対象】

  • 企業等の組織で、人材開発/組織開発に携わる方
  • レゴ®シリアスプレイ®を初めて体験してみたい方

【期待効果】

  • レゴ®シリアスプレイ®を、企業の組織において人材開発・組織開発にどのように活用できるかを検討できます。

【日程】

  • 2016年6月25日(土)
  • 受付開始: 9:40
  • ワークショップ:10:00~14:30 (昼食の休憩時間ははさみません。若干のお菓子、飲み物を用意します。)
    ※ LSPの理論(1時間程度)+実習(3時間程度)+レゴ片付け(30分)で予定しています

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室7
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具

【参加費】 (税込)

  • ¥3,000

【定員】

  • 12名


【講師/ファシリテータ】 ※ 他のLSPファシリテータの参加も予定。

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎トレーニング修了認定 LSPファシリテータ
慶應丸の内シティキャンパス 「クロシング」 ラーニングファシリテータ
ワークショップ「自分史カフェ」運営
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/自分史活用マスター

本業は、大学や博物館などの教育プログラムのサポート。
家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始。ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」、「Histy」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。


【主催】株式会社コラボプラン
【共催】株式会社ディレクターズパラダイス