Tag Archive: 情景模型

記念セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」群馬県立歴史博物館 12/23(土)

子ども時代。

写真や道具に埋め込まれた、家族の歴史。

その時代の記憶から浮かび上がる思い出の味わい。

その意味に分け入っていきましょう。

家族の絆の再発見を、未来の家族の道しるべに。

171204DSC01361

写真は企画展で展示される1/12サイズのジオラマ模型

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

記念セミナー 12/23(土)
「昭和の家族の情景から絆を再発見する」
ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。参加無料です。
(027-346-5522)

【日程】

  • 2017年12月23日(土)
  • 講演&質疑応答:14:00-15:30

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 視聴覚室
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

【内容】

  • 講師自身の家系図づくり、懐かしい写真の整理、思い出の場所の再訪体験を披露します。
  • 体験の中で再発見した家族の絆の紹介を通じて、昭和の「家族の情景」を味わい方を提案します。
  • 企画展で展示されている道具の歴史を、時代背景と個人の体験の二つの視点から考えます。スバル360や、ミシン等の家財道具を事例にする予定です。
  • 親子であっても生じる世代間コミュニケーションに落とし穴。老若男女がお互いのヒストリーに敬意と理解を示す方法を考えます。

【講師】

171015DSC00523-200間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のセミナー実績の紹介

2017/10/12 「家族の風景」と対話する楽しみ

2017/10/15 家族の歴史をたどる旅の魅力

(いずれも、東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

inまえばしチラシ群馬県での活動

自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

  • 家系図を作りたいと思っている人
  • 自分史を作りたいがなかなか手につかない人
  • NHKの「ファミリーヒストリー」を楽しみにしている人
  • 昭和の情景の写真や映像で心が動かされる人
  • 親のこと、祖先のことを知りたいと思っている人

そんな方々に実物体験できる展示と体験講座を行います。
古い写真や日記、手紙、そしてかすかな記憶。断片に過ぎなかった資料の整理やルーツの地への旅を通して、あなたの歴史と家族の物語が明らかになっていきます。
焦らずに、まずは一枚を書き始めることで記憶の風景が広がっていきます。


 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 でのその他の活動のご案内

上記の講演に加えて、本間浩一がワークショップの講師もつとめます。

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2018年1月14日(日) 14時ー15時半 定員16名

ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」

思い出の「家族の写真」を、一枚ご持参ください。
昭和の時代に子どもだった40代以上の方々のご参加を想定した内容です。

top94

クリックすると、展覧会のちらしのPDFが開きます。

「家族の風景」と対話する楽しみ【無料】セミナー

アルバム

あの頃と、今、そしてこれから。

アルバムに残る写真を見ながら家族で話をすると、
いろいろな記憶が引き出されてきます。

あやふやな記憶を情景模型で再現してみれば、
写真にうつっていないことまで想像が広がります。

生家の今昔など講師の体験談を紹介しながら、
家族物語の再発見にいざないます。

【日程】2017年10月12日(水)11:00~12:00

【会場】日本橋三越本店本館7階 はじまりのカフェ

【定員】16名

【参加費】無料

【申込み】日本橋三越へ 03-3274-8843 (10:30-19:30)
※ 事前予約を受け付けています。定員内なら当日参加も可能です。

【講師】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/自分史活用マスター
LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎トレーニング修了認定 LSPファシリテータ

家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

 


本セミナーは、10月11日(水)-17日(火)に日本橋三越本店 で開催される
『家族物語』~はじめてのファミリーヒストリー~
イベントの中のワークショップ企画です。

イベント期間中は、「物語を残す」「ルーツを辿る」「肖像を形に」をテーマに
情景模型/ジオラマ、家族絵巻、家系図、等の展示と販売を行っています。

160914DSC02403

模型で味わう「家族の情景」ワークショップ

DSC00028

DSC00040

家族で囲んだ卓袱台、
カラーテレビが我が家に登場した日、
肉屋の店先で買ってもらったコロッケ、
眩くてなかなか決められない露店の連なり・・・。

昭和の時代の家族の思い出を、ミニチュア模型を使ったワークで味わいます。

【日程】2017年10月11日(火)&16日(月)
※2日とも14:00~16:00で開催。同じ内容です。

【会場】日本橋三越本店本館7階 はじまりのカフェ

【定員】16名

【参加費】3,240円(税込)

【申込み】日本橋三越へ 03-3274-8843(事前予約可能です)

【講師】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/自分史活用マスター
LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎トレーニング修了認定 LSPファシリテータ

家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。


本ワークショップは、10月11日(水)-17日(火)に日本橋三越本店 で開催される
『家族物語』~はじめてのファミリーヒストリー~
イベントの中のワークショップ企画です。

イベント期間中は、「物語を残す」「ルーツを辿る」「肖像を形に」をテーマに
情景模型/ジオラマ、家族絵巻、家系図、等の展示と販売を行っています。

160914DSC02403

情景模型/ジオラマと自分史(勉強会)

DSC08504

【自分史活用推進協議会渋谷支部・第1回勉強会(2017年7月)】

img20170621_11154667m見る者の情感を呼び覚ます「情景模型」には、自分史を紡ぐヒントが隠されています。特別注文の情景模型を製作する場合は、発注された方の思い出を情景模型作家が引き出していく場面もあります。

「おばあちゃんの原宿」として多くの高齢者で賑わう東京・巣鴨。駅から山手線の北側の道を池袋方面に数分歩くとジオラマ ミニチュア 情景模型専門店「さかつうギャラリー」に到着します。

鉄道模型のお店はたくさんありますが、このお店の特徴は背景として発達してきた家や街の模型に焦点をあてたところです。店内には列車の模型は見当たりません。

今回は、この領域のパイオニアである坂本直樹さんをお招きし、情景模型と自分史の接点を考えます。

 

【内容】

講演(坂本 直樹 氏) 1時間30分(18:30-20:00)

  • 模型の領域の中での主に昭和の「情景模型」の位置づけ
  • 昭和の「情景模型」の実例(写真を用いた紹介)
  • 「作家」と呼ばれる情景模型作家の紹介。
  • 汎用品と特別注文の違い。
  • 注文の場合の仕事の流れ。
  • 自分史との接点で考えていること。

質疑/意見交換 30分(20:00-20:30)

  • 講演を受けての質疑応答。
  • 「情景模型/ジオラマ」と「自分史」の接点の可能性についての意見交換。

【講師】

ジオラマ ミニチュア 情景模型専門店「さかつうギャラリー」
代表 坂本 直樹 氏

【募集対象/参加費】

  • 自分史活用アドバイザー(500円)
  • 情景模型/ジオラマに関心のある一般の方(1,000円)

※ このページからお申込みの方は、参加費は当日お支払いください。

【日程】

  • 2017年7月31日(月)
  • 受付開始:18:15
  • 講演&意見交換:18:30-20:30

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室2
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具

 

【開催責任者】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/渋谷支部長

家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

【運営】株式会社コラボプラン自分史カフェ