fbpx

Author Archive: cafehomma

博物館でワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」 2/24(土)

昭和の時代の風景や道具。

思い出の写真や再現模型を味わいながら、

時代と家族の歴史に分け入ります

原稿用紙1枚だけ、自分史を書いてみましょう。

180114-IMG_6317

1/14に同じ会場で開催されたワーク

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

ワークショップ 2/24(土)
11時から午後4時まで、自由にご参加いただけます。
「写真と模型で味わう家族の情景」

予約不要、参加無料です。
お問合せは電話で。(027-346-5522)

【日程】

  • 2018年2月24日(土)
  • ワークショップ:11:00-16:00

【内容】

  • 講師とおしゃべりをしながら、昭和の日々を表現した一枚の写真や模型を味わい、記憶の中から家族の情景を引き出して1枚の自分史原稿を書き上げます。
  • 思い出の「家族の写真」をご持参ください。昭和の風景や道具を写した写真も用意しています。
  • お一人ずつ、時間を気にせずに、自由に取り組んでいただけます。

180114DSC01699

企画展で展示されている1/12サイズのジオラマ模型も参考にしてください。

【講師】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。

2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のワークショップ実績の紹介

2017/10/11,16 ”模型で味わう「家族の情景」”
2018/1/14 ”写真と模型で味わう家族の情景”

171016DSC00621

(東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

群馬県での活動  自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 学習ホール
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 のご案内

top94

クリックすると、展覧会のちらしのPDFが開きます。

自分史ビジネスを加速するコラボレーション企画

自分史活動をビジネスにしたい、ビジネスを拡大したい、とお考えのみなさんへ。
あなたの自分史ビジネスを加速しませんか?

180120-IMG_2240

「自分史カフェ」で自分史に関わるワークショップやイベント・勉強会を運営している本間浩一です。

2014年から3年間活動してきた「自分史カフェ」では、これまで何十種類もの自分史に関わるコンテンツを開発してきました。
ワークショップや自分史フェスティバル、勉強会などを約80回開催し、のべ1000人の参加者を迎えてきました。
ほとんどが、有料での開催です。

3年間の活動によって、自分史のコンテンツと一緒に活動した人脈が広がってきたと実感しています。
「ビジネス」につながる案件にも出会い、自分のビジネス拡大に必要な「カギ」も見えてきました。

まず、「ビジネス」につながった2つの事例を紹介します。


1つ目の体験は、自分史を本にしたいというご依頼です。

ここ1,2年、知人から
「親が残した原稿を書籍にしたい。」
「調べてきたファミリーヒストリーを本にしたい。」
「創業者の事業立ち上げの物語を社史という形にしたい。」
といった相談をされる機会が増えてきています。
私は、ライティング・編集・印刷・製本といった「紙の本を作る」仕事はしていないので、
こうした依頼については、他のアドバイザーの助けを借りて納品しています。

2つ目の体験は、「家系図」や「ジオラマ」などの商材の商品化です。

2017年10月には、日本橋三越本店で「家族物語」を開催しました。
ここではお客様と自分史のブリッジになる商材として「家系図」や「ジオラマ模型」の商品化・展示・販売を仕掛けました。

準備期間が十分にない中、私たちはこれら隣接商品の「売り方」「買い手の欲求」を知りませんでした。
そこで私は、「家系図」や「ジオラマ」で既に成果を出している事業者とコラボレーションすることで、
短期間でビジネスを立ち上げたのです。


私はこれらの体験を通じて、自分史活動をビジネス化し拡大するうえで重要な「カギ」を発見をしました。
それは

「コラボレーション」

つまり、
それぞれ専門特化した人たちが、自分の得意分野を生かしながら他の専門分野の人と連携するということです。

そこで皆さんに提案があります。
自分史のビジネスでコラボレーションしませんか?

自分史ビジネスのコラボレーションにご関心のある方を対象に、
自分のビジネス、コラボレーション経験、希望するコラボレーションを共有いただき、
実際にコラボレーションの企画を立てる場を2月11日にご用意します。
以下詳細です。この機会にぜひご参加ください。


【自分史ビジネスを加速するコラボレーション企画(2月11日)】

【内容】

1.ビジネスの話題提供 30分(10:00-10:30)

◆担当:自分史カフェ・本間浩一
  • これまでのビジネスにつながった活動の共有
    • 2014年から約80回開催してきた有料ワークショップ「自分史カフェ」の成果
    • 2013年から5年続けてきた自分史フェスティバルの試行
  • 「ビジネス化」に向けた活動の展望
    • 「ビジネス化」を意識したときの課題
    • 自分史活用アドバイザーのコラボレーションの可能性

2.情報交換 60分(10:30-11:30)

◆担当:参加者
  • 参加者のビジネス紹介
    • 自分の自分史ビジネスについて
    • 過去のコラボレーション経験
    • 実現したいコラボレーションの希望
    • 現在感じている課題など
  • 質疑/意見交換
    • 発表を受けての質疑応答。
    • 「ビジネス」活動についての意見交換

3.コラボレーション企画 60分(11:30-12:30)

◆全員
  •  実際にグループを作り、コラボレーション企画をたてます

【日程】

  • 2018年2月11日(日)
  • 受付開始:9:40
  • 活動:10:00-12:30

【募集対象】

  • 自分史をビジネスにしている/しようと思っている方。
    (自分史活用アドバイザーに限りません。)
  • 自分史と関係する領域のビジネスをしている/しようと思っている方。
    (写真、家系図、自費出版、終活、等々)

【参加費】

  • 1,000円

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室7
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具
  • ご自身の活動発表の準備
    プレゼンテーション用のパワーポイントファイル等。又は配布資料
    (WindowsPCとプロジェクタは準備します。USBメモリーで持参されれば投影可能です。)

【開催責任者】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
自分史カフェ運営/自分史活用マスター

家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。
2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

2016年12月24,25日の「自分史フェスティバル in 渋谷」。
この会場で、月一度のペースでワークショップ「自分史カフェ」を開催しています。

161224DSC04356


当日現金でお支払いの方

申込_紺

Peatixでお支払いの方

申込(Peatix)

▼【同日開催のワークショップ】2月11日(日)13:30~16:00

 2018年の目標を必達する!ゴールを描く8つのワザ

【運営】

株式会社コラボプラン自分史カフェ

自分史フェスティバル in 前橋 2018年1月20日(土),21日(日)

 

 

入場・参加 無料

たった一枚から自分史を始める。

ファミリーヒストリーを体験しよう。

  • 家系図を作りたいと思っている人
  • 自分史を作りたいがなかなか手につかない人
  • NHKの「ファミリーヒストリー」を楽しみにしている人
  • 昭和の情景の写真や映像で心が動かされる人
  • 親のこと、祖先のことを知りたいと思っている人

そんな方々に実物体験できる展示と体験講座を行います。

古い写真や日記、手紙、そしてかすかな記憶。断片に過ぎなかった資料の整理やルーツの地への旅を通して、あなたの歴史と家族の物語が明らかになっていきます。焦らずに、まずは一枚を書き始めることで記憶の風景が広がっていきます。

前橋での開催は、今回が2回目になります。
前回(2017/4/1,2)の詳細についてはこちらをご覧ください。

前回(2017/4/2)の展示風景

■日時 

2018年1月20日(土)  12時-17時

2018年1月21日(日)  11時-16時

■会場

DiPS.A(ディップス朝日)2階

  

〒371-0846 群馬県前橋市元総社町70-1 

最寄駅は、JR新前橋駅

■内容

展示 「一枚の自分史」100枚、「365枚の自分史絵葉書」(収集継続中)

セミナー「家系図をつくろう」(両日とも2回。13時、15時から45分。)

体験コーナー「自分史目次づくり」(適宜実施)

体験コーナー「一枚の自分史執筆体験」(適宜実施)

■共催

自分史フェステイバル in 前橋 実行委員会

一般社団法人自分史活用推進協議会

■協賛

朝日印刷工業株式会社

家樹株式会社

人間力をたがやすワークショップ『自分史カフェ

■後援 

上毛新聞社

前回(2017/4/2)のワークショップ風景


 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 のご案内

2017/12/16から2018/2/25まで群馬県立歴史博物館で開催されます。

イベントとして、実行委員の本間浩一が、講演とワークショップの講師をつとめます。ファミリーヒストリーや自分史づくりに役立つ内容をお伝えいたします。ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2017年12月23日(土) 14時ー15時半 定員144名

講演「昭和の家族の情景から、絆を再発見する」

2018年1月14日(日) 14時ー15時半 定員16名

ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」

思い出の「家族の写真」を、一枚ご持参ください。


自分史フェスティバル in 前橋(2018/1/20,21) 実行委員

「自分史フェステイバル in 前橋」は、自分史活用アドバイザーの有志を中心に企画・運営されています。

■ 自分史活用アドバイザーの紹介 五十音順

名前

担当
(2018年1月当時)

ひとこと自己紹介

1)自分史活用アドバイザーになった動機

2)自分史関連の活動

柿谷英樹

河村庸子

「自分史の目次づくり」ワークショップ

個人が自分史を振返り、現在に活かすためのワークショプ「自分史カフェ」を、毎月、東京・渋谷で開いています。

1) 自分史フェスティバルの総合司会を頼まれたのがきっかけで、一緒に活動している人たちの学んでいることを勉強しようと思いました。

2) 仕事は、企業の管理職がより部下や顧客の課題を理解し、成長や課題解決に向えるように「組織変革」のコンサルティングをしています。企業に提供している内容を、個人向けにアレンジする時に資格を使っています。

株式会社コラボプラン代表

田中崇雅

橋本 恵

会場であるDiPS.A(ディップス朝日。デジタル・プリント・ステーション朝日)のスタッフです。

藤井賢司

会場であるDiPS.A(ディップス朝日。デジタル・プリント・ステーション朝日)の店長です。

1) 印刷会社に勤務しておりましてここ数年、個人出版、とくに自分史を作成される方が非常に多く感じました。また「どうやって作っていいのかわからない」といった悩みを抱えている方も多くいることがわかり、そうした人のため自分史づくりのお手伝いができたら、と思ったからです。

2) 月に一度、自分史作成に対して悩みや疑問を持つ方に向けた「自分史作成相談日」を設けて相談を受け付けています。昨年3月には県立図書館と「自費出版応援講座」を企画・開催し(4回開催)自分史についての回を受け持ち、自分史の素晴らしさ、意義などを講演しました。

本間浩一

「一枚の自分史」ワークショップ

全体責任者
自分史活用マスター/自分史活用推進協議会副理事長

前橋市の出身です。18歳の時に大学進学で上京した後は東京に住んでいます。

1) 1992年に家族を亡くしたのが自分史の活用活動を始めたきっかけです。それから20年近くは数人で「自分史クラブ」「自分史カフェ」という名の自分史年表作成サイトの開発・運営をしていました。その活動から生まれた縁で同じような思いを持った皆さんと接点ができ、2010年に仲間を増やしていくための仕組みとして自分史活用推進協議会を立ち上げました。

2) 毎月、主に東京・渋谷で「自分史カフェ」というワークショップを開いています。累計で約80回になりました。現在は月に1日2講座のペースです。自分と人間関係を見つめるいろいろなワークを行っています。最近は知人からご家族の自分史づくりの相談をうける機会も増えました。


自分史フェスティバルに先立って、群馬県立歴史博物館の展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 で講演、ワークショップの講師をつとめます。

2017年12月23日(土) 14時ー15時半
講演「昭和の家族の写真から、絆を再発見する」

2018年1月14日(日) 14時ー15時半
ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」
思い出の「家族の写真」を、一枚ご持参ください。


「自分史フェステイバル in 前橋」(2018/1/20,21)