fbpx

【7月読書会】「 マイストーリー 私の物語」(林真理子著)&オタカラ自分史共有 29日(木),31日(土)[参加無料・オンライン]

鳥瞰してみる「自分史」執筆の本音と実情

自分で、自身の生涯を振り返り、数百ページにもわたる原稿を書きおろし、“自費出版”して、子ども・孫や友人・知人に配る・・・・・
戦後、「自分史」という言葉が生み出されてからたくさんの記録が記されてきました。人はなぜ自分史を書くのか。人は自分史をどう書くのか。

今回の読書会は、
「自分史」に取り組む人々の様相を少し離れて観察する
機会にしたいと考えています。

すでに自分史に関心を持っている方々にとって、自分史が持つ大きな価値は当然のことと認識されているかもしれません。一方、世の中には自分史に関心を持たない人もたくさんいます。
直木賞作家でもある林真理子さんの小説を題材にし、ふだんとは違う客観的な視点を体験してみたいと思います。ある主観に基づいて書かれた小説が、「自分史とは何か」を考える機会になるのではないかと思います。
参加者それぞれの違う発見もあると思います。それぞれの発見を共有することで、視点を拡げる時間も設ける予定です。

世話人より
林さんは、本読書会の世話人が運営に携わった自分史のイベントに取材に来られたことがあります。収集された材料をどのように料理されたのか確認したいという気持ちもあって今回の題材に選びました。

開催日時

2021年7月

7月29日(木)21:00-22:30 +最大30分 受付終了
7月31日(土)21:00-22:30 +最大30分 受付終了

1時間30分。2時間まで延長の可能性あり。
2日の日程から、参加可能な日を選んでお申し込みください。
両日程可能という場合は、人数調整などの観点で当方でご参加日の調整のお願いをご連絡いたします。

開催方法

オンライン/zoom利用

zoomミーティングの仕組みを用いたオンライン講座です。
zoomの利用およびそのための準備については、参加者ご自身でお願いいたします。
参加にあたっては、ご本名とお顔の開示をお願いします。

各位が参加される開催日時決定後に、アクセス先のURLをご連絡します。
なお、カメラとマイクが付いたPCからアクセスされることを前提に、共有画面の資料を準備しております。スマートフォンでは資料が見づらい可能性があります。あらかじめ、ご承知おきください。

参加費: 無料 

書籍とネットワーク環境のご準備は、ご自身でお願いします。

想定参加者数: 各回 3名以上8名以下

受付終了

読書会概要(おおまかな流れ)

気軽なおしゃべりの場として進行いたします。
微に入り細にいり、あるいは、極度に深入りした議論、にならぬように進めます。

1)本の中身を順番におさらいします。

世話人が司会をして、目次に沿って本の内容を概観します。
何が書いてあったかを世話人がまとめた資料を見ながら確認をしていきます。

2)参加者それぞれが学んだことや感想を共有

自分史づくりの参考になると考えた視点・観点や、事例として出てくるいくつかの自分史についての感想などを、参加者おひとりづつに共有していただきます。

他の参加者が気づいた点からも学べることがあるのではないかと思います。

3)ご自身の、あるいは他の方の自分史紹介・共有
 (ご希望される参加者のみ)

この紹介は、ご参加の必須条件ではありません。
「自分史」に関心をお持ちの方が集まる機会なので、オタカラ自分史をお持ちの方がいらっしゃったら、それを紹介しあう時間をとりたいと思います。
参加者ご自身の、あるいはお読みになったか作成をサポートされた自分史を紹介してください(5分程度の想定です)。
話を聞いて読んでみようとおもったときに入手が容易な市販の本も、こういう機会でないとその存在さえ知らない私家版の本も、いずれも歓迎です。
その後、質疑応答・意見交換を行います。対象となる自分史を、今回の課題図書に触発されて「脳の若返り」という観点で見ることもできるかもしれません。

※注記 オンライン読書会の様子は、記録のために世話人が録画をさせていただきます。
オタカラ自分史を紹介された参加者が広く一般にも紹介したいというご要望があれば、読書会終了後に、ご了解の上、ご紹介シーンの動画などを活用した自分史紹介ページを作成いたします。(掲載サイト 「史の本棚 by 自分史カフェ」

事前準備

  • 各自、可能な範囲で「マイストーリー 私の物語」を読んできてください。
    読み切れなくても、当日最初にどんなことが書かれていたかを振り返る時間を取るのでついていけると思います。
  • 時間があれば、副読本も手に取ってください。「学んだことや感想を共有」する時間に話題に加えていただければさいわいです。

課題図書の紹介

副読本の紹介
(課題図書が既読の場合、あるいは時間に余裕がある場合の任意課題。関係づけられる本を選定。)


2.ほかの参加者に紹介したい自分史を選んで、紹介の準備をしてきてください。(任意)

・どんな筋書き・内容なのか。
・他の方にその本を選んで紹介したポイントは何か。
※実際に特定の方が書かれた自分史が対象です。方法論・一般論・ノウハウ等の書籍は対象外です。

世話人:  本間浩一(ほんまこういち)

1960年生まれで現在60歳。平均余命は約24年。 
2013年以来、ワークショップ「自分史カフェ」を開催。
東京・渋谷と群馬・長野等全国で活動。
2020年は新型コロナウイルス対策で、オンラインの活動も本格化。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.collabo-plan.com/company/consultant/koichi-homma

受付終了

主催: 自分史カフェ