fbpx

令和最初の「自分史入門講座 」in 渋谷 5/29(水)

昭和・平成を共に過ごした仲間。
起点での再会で、それぞれが歩んできた道に共感します。

人生100年時代の自分史とは?
魅力って何? 
活用する、ってどういうこと?
仕事に生かせるの? 

その人の物語を引き出すアイデアは1つではありません。

渋谷の街の歴史の資料も何点か準備してお待ちしています。

日時:2019年5月29日(水)18:15開場 18:30 – 21:00

4月20日(土)朝9:15からも、同じ内容で開催します。

場所:渋谷区文化総合センター大和田・区民学習センター学習室2

東京都東京都渋谷区桜丘町23-21 ※渋谷駅から徒歩5分
アクセスなど⇒ https://www.shibu-cul.jp/access

受講料:3,000円(税込)

※当日、受付でお支払いください。

※当入門講座を受講した方は「自分史活用アドバイザー認定講座(受講料3万円・税込)」を、2万7千円(税込)で受講いただけます。
渋谷では6月30日(日)に開催します。

定員:24名

参加申し込み締め切り日:2019年5月27日(月)

主催団体の自分史活用推進協議会のサイトに移ります。

内容:

○自分史とは何か 講義&ワーク
○自分史のつくり方 講義&ワーク
○自分を見つめ直すための自分史活用 講義&ワーク
○自分史活用推進協議会の活動紹介
○自分史活用アドバイザーについて

受講特典:

終了後、アンケートに答えた方に
○自分史の魅力や、自分史活用アドバイザーの活動などを紹介した小冊子「Jibunshi? Yume?」を進呈
○自分史活用アドバイザー認定講座の受講料を3000円割引

★自分史とは

自分の生きてきた軌跡である「自分史」。
1975年に歴史学者の色川大吉氏によって登場したこの言葉はシニアを中心に共感を得て、現在は毎年たくさんの自分史が出版されています。

自分史は「自分の過去を書き残す」だけではなく、自分史を作成することで自分の人生の意味を見つけ出したり、これからの自分の生き方を見つけたりといった「自己分析」にも活用できます。自分をよりよく知ることで、自分らしく生きるヒントが得られます。
人生100年時代と言われている現在、自分史を活用した自己分析やキャリアプランニングが教育機関や企業、地域でも大きな注目を集めています。

☆こんな想いのある方にオススメ!!

・「キャリアカウンセラーとして相談者の自己分析やキャリアプランニングで自分史を活用したい」
・「研修講師としてキャリア開発研修などで活用したい」
・「自分史に関連する仕事について聞きたい」
・「自分史を活用して仕事の幅を広げたい」

★この講座について

本講座は、一般社団法人「自分史活用推進協議会」が開催する「自分史活用アドバイザー認定講座」の体験イベントとして企画されました。
認定講座を修了した自分史活用アドバイザーは全国で約400名。それぞれが個人またはチームとして積極的に活動しています。

★講師:  本間浩一(ほんまこういち)

自分史活用マスター
2013年以来、ワークショップ「自分史カフェ」を開催。東京・渋谷を中心に全国で活動。
詳しくはこちらで
https://www.collabo-plan.com/company/consultant/koichi-homma

主催団体の自分史活用推進協議会のサイトに移ります。

過ごした年代によって印象が様変わりする街・渋谷は、現在100年に1度の大改造中。
ようやくかたちが見えてきたこの街を、平成の最後に久しぶりに訪れてみませんか。
渋谷の街の歴史の資料も何点か準備してお待ちしています。