fbpx
自分史カフェ

「人間力をたがやす」ワークショップ

Latest Posts

自分史フェスティバル in 前橋 2018年1月20日(土),21日(日)

 

 

入場・参加 無料

たった一枚から自分史を始める。

ファミリーヒストリーを体験しよう。

  • 家系図を作りたいと思っている人
  • 自分史を作りたいがなかなか手につかない人
  • NHKの「ファミリーヒストリー」を楽しみにしている人
  • 昭和の情景の写真や映像で心が動かされる人
  • 親のこと、祖先のことを知りたいと思っている人

そんな方々に実物体験できる展示と体験講座を行います。

古い写真や日記、手紙、そしてかすかな記憶。断片に過ぎなかった資料の整理やルーツの地への旅を通して、あなたの歴史と家族の物語が明らかになっていきます。焦らずに、まずは一枚を書き始めることで記憶の風景が広がっていきます。

前橋での開催は、今回が2回目になります。
前回(2017/4/1,2)の詳細についてはこちらをご覧ください。

前回(2017/4/2)の展示風景

■日時 

2018年1月20日(土)  12時-17時

2018年1月21日(日)  11時-16時

■会場

DiPS.A(ディップス朝日)2階

  

〒371-0846 群馬県前橋市元総社町70-1 

最寄駅は、JR新前橋駅

■内容

展示 「一枚の自分史」100枚、「365枚の自分史絵葉書」(収集継続中)

セミナー「家系図をつくろう」(両日とも2回。13時、15時から45分。)

体験コーナー「自分史目次づくり」(適宜実施)

体験コーナー「一枚の自分史執筆体験」(適宜実施)

■共催

自分史フェステイバル in 前橋 実行委員会

一般社団法人自分史活用推進協議会

■協賛

朝日印刷工業株式会社

家樹株式会社

人間力をたがやすワークショップ『自分史カフェ

■後援 

上毛新聞社

前回(2017/4/2)のワークショップ風景


 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 のご案内

2017/12/16から2018/2/25まで群馬県立歴史博物館で開催されます。

イベントとして、実行委員の本間浩一が、講演とワークショップの講師をつとめます。ファミリーヒストリーや自分史づくりに役立つ内容をお伝えいたします。ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2017年12月23日(土) 14時ー15時半 定員144名

講演「昭和の家族の情景から、絆を再発見する」

2018年1月14日(日) 14時ー15時半 定員16名

ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」

思い出の「家族の写真」を、一枚ご持参ください。


自分史フェスティバル in 前橋(2018/1/20,21) 実行委員

「自分史フェステイバル in 前橋」は、自分史活用アドバイザーの有志を中心に企画・運営されています。

■ 自分史活用アドバイザーの紹介 五十音順

名前

担当
(2018年1月当時)

ひとこと自己紹介

1)自分史活用アドバイザーになった動機

2)自分史関連の活動

柿谷英樹

河村庸子

「自分史の目次づくり」ワークショップ

個人が自分史を振返り、現在に活かすためのワークショプ「自分史カフェ」を、毎月、東京・渋谷で開いています。

1) 自分史フェスティバルの総合司会を頼まれたのがきっかけで、一緒に活動している人たちの学んでいることを勉強しようと思いました。

2) 仕事は、企業の管理職がより部下や顧客の課題を理解し、成長や課題解決に向えるように「組織変革」のコンサルティングをしています。企業に提供している内容を、個人向けにアレンジする時に資格を使っています。

株式会社コラボプラン代表

田中崇雅

橋本 恵

会場であるDiPS.A(ディップス朝日。デジタル・プリント・ステーション朝日)のスタッフです。

藤井賢司

会場であるDiPS.A(ディップス朝日。デジタル・プリント・ステーション朝日)の店長です。

1) 印刷会社に勤務しておりましてここ数年、個人出版、とくに自分史を作成される方が非常に多く感じました。また「どうやって作っていいのかわからない」といった悩みを抱えている方も多くいることがわかり、そうした人のため自分史づくりのお手伝いができたら、と思ったからです。

2) 月に一度、自分史作成に対して悩みや疑問を持つ方に向けた「自分史作成相談日」を設けて相談を受け付けています。昨年3月には県立図書館と「自費出版応援講座」を企画・開催し(4回開催)自分史についての回を受け持ち、自分史の素晴らしさ、意義などを講演しました。

本間浩一

「一枚の自分史」ワークショップ

全体責任者
自分史活用マスター/自分史活用推進協議会副理事長

前橋市の出身です。18歳の時に大学進学で上京した後は東京に住んでいます。

1) 1992年に家族を亡くしたのが自分史の活用活動を始めたきっかけです。それから20年近くは数人で「自分史クラブ」「自分史カフェ」という名の自分史年表作成サイトの開発・運営をしていました。その活動から生まれた縁で同じような思いを持った皆さんと接点ができ、2010年に仲間を増やしていくための仕組みとして自分史活用推進協議会を立ち上げました。

2) 毎月、主に東京・渋谷で「自分史カフェ」というワークショップを開いています。累計で約80回になりました。現在は月に1日2講座のペースです。自分と人間関係を見つめるいろいろなワークを行っています。最近は知人からご家族の自分史づくりの相談をうける機会も増えました。


自分史フェスティバルに先立って、群馬県立歴史博物館の展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 で講演、ワークショップの講師をつとめます。

2017年12月23日(土) 14時ー15時半
講演「昭和の家族の写真から、絆を再発見する」

2018年1月14日(日) 14時ー15時半
ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」
思い出の「家族の写真」を、一枚ご持参ください。


「自分史フェステイバル in 前橋」(2018/1/20,21)

記念ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」群馬県立歴史博物館 1/14(日)

子どもだった昭和の時代。

思い出の写真や再現模型を味わいながら、

時代と家族の歴史に分け入ります

自分史のきっかけになる1ページに取り組みます。

171204DSC01371

写真は企画展で展示される1/12サイズのジオラマ模型

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

記念ワークショップ 1/14(日)
「写真と模型で味わう家族の情景」

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。参加無料です。
(027-346-5522)

【日程】

  • 2018年1月14日(日)
  • 講演&質疑応答:14:00-15:30

【内容】

  • 思い出の「家族の写真」をご持参ください。
  • 昭和の日々を表現した一枚の写真や模型を味わいながら、自らの記憶の中から家族の情景を引き出します。

【講師】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、自分史の普及と活用を推進する一般社団法人の設立に参加。
2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。
2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のワークショップ実績の紹介

2017/10/11,16 ”模型で味わう「家族の情景」”

171016DSC00621

(いずれも、東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

群馬県での活動  自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 学習ホール
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 のご案内

上記のワークショップに加えて、本間浩一が記念セミナーの講師もつとめます。

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2017年12月23日(土) 14時ー15時半 定員144名

セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」

top94

記念セミナー「昭和の家族の情景から絆を再発見する」群馬県立歴史博物館 12/23(土)

子ども時代。

写真や道具に埋め込まれた、家族の歴史。

その時代の記憶から浮かび上がる思い出の味わい。

その意味に分け入っていきましょう。

家族の絆の再発見を、未来の家族の道しるべに。

171204DSC01361

写真は企画展で展示される1/12サイズのジオラマ模型

2017/12/16から2018/2/25、群馬県立歴史博物館で、
第94回の企画展「昭和なくらし、そしてスバル。」

記念セミナー 12/23(土)
「昭和の家族の情景から絆を再発見する」
ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。参加無料です。
(027-346-5522)

【日程】

  • 2017年12月23日(土)
  • 講演&質疑応答:14:00-15:30

【会場】

  • 群馬県立歴史博物館 視聴覚室
  • 〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992-1
    TEL. 027-346-5522
  • アクセス: http://grekisi.pref.gunma.jp/010101.html

【内容】

  • 講師自身の家系図づくり、懐かしい写真の整理、思い出の場所の再訪体験を披露します。
  • 体験の中で再発見した家族の絆の紹介を通じて、昭和の「家族の情景」を味わい方を提案します。
  • 企画展で展示されている道具の歴史を、時代背景と個人の体験の二つの視点から考えます。スバル360や、ミシン等の家財道具を事例にする予定です。
  • 親子であっても生じる世代間コミュニケーションに落とし穴。老若男女がお互いのヒストリーに敬意と理解を示す方法を考えます。

【講師】

171015DSC00523-200間 浩一(ほんま こういち)
自分史活用マスター

前橋市出身。家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」を開発。
2010年に、自分史の普及と活用を推進する一般社団法人の設立に参加。
2017年5月に、渋谷支部を立ち上げ。
2014年から、年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。

最近のセミナー実績の紹介

2017/10/12 「家族の風景」と対話する楽しみ

2017/10/15 家族の歴史をたどる旅の魅力

(いずれも、東京・日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェにて。)

inまえばしチラシ群馬県での活動

自分史フェスティバル in 前橋 2018/1/20,21 

  • 家系図を作りたいと思っている人
  • 自分史を作りたいがなかなか手につかない人
  • NHKの「ファミリーヒストリー」を楽しみにしている人
  • 昭和の情景の写真や映像で心が動かされる人
  • 親のこと、祖先のことを知りたいと思っている人

そんな方々に実物体験できる展示と体験講座を行います。
古い写真や日記、手紙、そしてかすかな記憶。断片に過ぎなかった資料の整理やルーツの地への旅を通して、あなたの歴史と家族の物語が明らかになっていきます。
焦らずに、まずは一枚を書き始めることで記憶の風景が広がっていきます。


 ■展覧会『昭和なくらし、そしてスバル。』 でのその他の活動のご案内

上記の講演に加えて、本間浩一がワークショップの講師もつとめます。

ご予約は、群馬県立歴史博物館へ。(027-346-5522)

2018年1月14日(日) 14時ー15時半 定員16名

ワークショップ「写真と模型で味わう家族の情景」

思い出の「家族の写真」を、一枚ご持参ください。
昭和の時代に子どもだった40代以上の方々のご参加を想定した内容です。

top94